『障がい者の立場から考える被災地支援の会』(障被会)の活動告知と報告を行うブログです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【協力】2012.10.28 「シェーナウの想い」+ あの川田龍平氏が来ます #拡散
【協力】2012.10.28 「シェーナウの想い」+ あの川田龍平氏が来ます #拡散

チラシ表

チラシ裏

3.11後、
どうしたらいいのか…
いったい何が起こっているのか… 
何かできることは…
そんな思いが少しでもあれば観に来てください。
聴きに来てください。
テレビや新聞からは決して伝えられない、
本当に知りたかったことがそこにあるかもしれません。
映画『シェーナウの想い』上映会  +  川田龍平氏 講演会
日にち 2012年10月28日(日)
時 間 第1部 14:00~(開場13:30) 第2部 15:10~(16:30終了予定) 
場 所 清瀬市児童センター ころぽっくる ホール ※ 託児あり 200円
料 金 当日 499円 前売り(事前予約)400円 ※小・中学生 無料
第1部                        第2部
「シェーナウの想い」清瀬上映実行委員会 

第2部
映画『シェーナウの想い』上映会
14:00~15:00(開場13:30)
あの川田龍平氏が来ます
15:10~16:30
第1部
参議院議員  薬害エイズ訴訟(東京HIV訴訟)原告 ・元松本大学非常勤講師
1976年 東京都小平市生まれ。生後6ヶ月のとき血友病と診断され、治療のために投薬した輸入血液製剤によりHIV感染。
10歳のとき母親から感染を告知される。
93年 高校3年生で「薬害エイズ事件」の国と製薬会社の責任を問う東京HIV訴訟の原告に加わり、95年実名を公表。
96年 訴訟に実質原告勝訴の形で和解したが、それ以後も現在まで薬害エイズの真相究明と責任を追及し続けている。
2007年 参議院議員選挙に立候補し、当選。
川田龍平プロフィール
「 いのちが最優先される社会の実現のために ー原発事故後の日本でー 」
放射能汚染の状況、食の安全について、子どもと胎児を守るためにどうするべきか、
「子ども・被災者支援法」について、震災がれき広域処理の問題…
「繰り返されてきた薬害被害」と「東京電力福島第一原発事故」の類似性から見えてくるものー。
一貫して「いのちが最優先される社会の実現」のため活動されている川田さんより
テレビでは聞くことのできない原発事故後の日本の状況についてお話いただきます。
                      (質疑応答時間あります。約20分予定)
ドイツ南西部、黒い森の中にある小さな町・シェーナウ
市の親たち数人が、チェルノブイリ原発事故をきっかけ
に「自然エネルギー社会を子どもたちに」という思いか
ら、ドイツ史上初の「市民による市民のための電力供給
会社」を誕生させるまでの軌跡を綴るドキュメンタリー
(2008年 ドイツ 60分)日本語字幕付き
お問合せ・ご予約 「シェーナウの想い」清瀬上映実行委員会 (上映会協力者募集中!)
☎ 070-5586-5393(福本) メール 1028kiyose@gmail.com  URL日にち  2012年10月28日(日)
時 間  第1部 14:00~(開場13:30)
      第2部 15:10~(16:30終了予定) 
      ※ 1部のみ、2部のみの参加も可。料金は同一
場 所  清瀬市児童センター ころぽっくる ホール (清瀬市中清戸3-235-5)
     行き方:清瀬駅北口側から徒歩20分。
     または 清瀬駅北口よりバス <清61>志木駅南口(グリーンタウン経由)行き
「気象衛星センター」下車徒歩2分
     ※ 駐車場が少ないためなるべく公共の交通機関でおこしください
料 金   当日 499円 前売り(事前予約)400円  小・中学生 無料  
     
託児あり
なるべく事前に連絡してね(200円)
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 路地裏たま連合. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。